悪徳業者を利用しないように

消費者金融を利用するときには、悪徳業者、よく聞く言葉で言うとヤミ金に注意しなくてはなりません。
もしも、自分が消費者金融を利用しようと思ったときに、利用限度額が低くて、必要なお金が調達できなかったとします。
すると、もっと高額な利用限度額を設定してもらえる業者が出てきたとしましょう。
この後から出てきた業者は、注意しなくてはなりません。
というのも、ヤミ金は、利用限度額が高額なことも考えられるからです。
高額なお金を借りることはできても、返済額がとんでもないことになってしまい、自分の首を絞めることになるかもしれません。
ヤミ金は、法外な利息を請求することがほとんどですから、利用しないことが一番です。
では、どうやって見分ければいいのでしょうか。
必ず、貸金業の登録をしているかどうかを確認してください。
登録をしないで、勝手に貸金業を行っている悪徳業者も少なくありません。
登録番号が必ずありますから、確認しておきましょう。
インターネットで検索することができますので、利用する前に、必ず確認しておいてください。
ただし、登録してあったからと言って、ヤミ金ではないと判断するのは早いんです。
貸金業として登録してあっても、ヤミ金の場合もあるので、登録番号が見つかったからと言って安心してはいけません。
登録はしているけれども、違法な金利を請求する業者も多数存在します。
では、その場合はどうやって見抜けばいいのかというと、怪しい会社は、登録してから3年以内の場合が多いんです。
怪しい会社というのは、警察に捕まる前に名前を変えてしまうので、登録してからの年数が短いので、番号そのものをよく見ておかないといけません。
他にも気をつけたいポイントがいくつもあります。
どういうポイントを押さえておけば、ヤミ金を利用しなくて済むのか。
そして、もしも、自分がヤミ金を利用してしまったらどうすればいいのかを次回、書いていきたいと思います。