消費者金融の利用は、あくまでも計画的に、が前提です

ちょっと前の話です。
子供が私立高校に入りまして、その入学金を銀行でおろしてきたときのこと。
家に帰るまでの間にパチンコ屋があったのです。
ちょっと寄っていこうかな、と思ったのが大きな間違いでした。
パチンコは昔から好きで、熱くなったら十万円くらいは使ってしまうほどでした。
案の定、その日もそのくらい使ってしまいまして、どうしようかと思っていたのです。
そのまま家に帰れば嫁さんと大喧嘩になることは分かっていましたから。
消費者金融というものを使ったのは、その時が初めてでした。
今迄長く生きてきた中で、借金というものを抱えたことがなかったものですから、なにかソワソワしてまして、審査のときも始終不安は襲ってきました。
しかし、なんてことはなかったのです。
審査はすぐに通りましたし、お金もおりました。
それで何食わぬ顔で家に帰り、嫁さんにお金を渡したのです。
一応は助かりました。
こういう消費者金融は、使い方次第では本当に便利なのではないかと思っています。
私の場合、借りた理由があまり人に言えた事ではなかったのですが、今は正直、本心でそう思っています。
消費者金融と言えば、あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれません。
しかし、今は昔と違ってきました。
昔のようなトラブルはなくなっているのです。
ようは計画的なものであれば強い助っ人になりますから。
ただ、借りときには、計画的にやらないとダメです。
やはりあくまでもそれは借金ですから。