悪徳業者をよく知っておこう

前回は、おもにヤミ金と呼ばれる違法な高金利を要求してくる悪徳業者について紹介しました。
他にも、電話番号が090で始まっている090金融というものもあります。
本来、消費者金融業者は、固定電話を持っていなくてはならないのです。
しかし、固定電話を持たずに、携帯電話が連絡先となっているということは、貸金業の登録をしていない業者だということがわかります。
街中にある電信柱などに、お金を貸しますというような張り紙が貼ってあるのを見たことがあるでしょうか。
090金融は、電信柱などで宣伝していることが多いんです。
連絡先に、携帯電話しかないという金融業者からお金を借りるのはやめましょう。
どうしてもという時であっても、お金を借りたら大変なことになることは目に見えています。
紹介屋というのも知っておきましょう。
すでに、お金を貸してもらえない状況になってしまった人に対して、融資ができる業者を紹介すると甘い言葉を言ってくるんです。
融資を受けられた場合に、高額な紹介料を請求されてしまいます。
どうしても融資が受けられないからと言って、紹介屋に引っかからないように気をつけてください。
他にもいろいろな手口があるのですが、まず、電信柱の広告やダイレクトメール、勧誘の電話などは注意しましょう。
まず、相手にしないことです。
とはいうものの、それでも悪徳業者に引っかかってしまった場合は、登録業者かどうかで連絡先が違ってきます。
登録業者の場合は、都道府県の金融課に相談してください。
無登録業者の場合は、警察署に相談しましょう。
相談するときには、貸金業者の連絡先や登録番号、名前など知っている限りの情報を控えておいてください。
また、借入理由や借入金額も控えておきましょう。
悪徳業者に引っかからないように気をつけることが一番大事なことですが、過払い金がある場合は弁護士に相談すると戻ってくることがあるので、引っかかった時は相談してみてください。